forex.wf forex forum binary options trade

Forex news -forex broker review => Japan => Topic started by: Japan on Apr 26, 2020, 08:00 am

Title: 個人投資家の外国為替取引:規制強化にもかかわらず活況に沸く.
Post by: Japan on Apr 26, 2020, 08:00 am
個人投資家の外国為替取引:規制強化にもかかわらず活況に沸く.
CMEグループから始まった通貨先物の歴史.
技術革新により、個人投資家による外国為替取引が急増.
1990年代の個人投資家による外国為替取引の発展.
図1:外国為替の取引金額が縮小.
図2:個人投資家の外国為替取引は大規模な市場.
世界のスポット為替取引は1日当たり合計約2兆ドル.
個人の為替取引は1日当たり合計約2,000億ドルを突破.
BISがまとめた3年ごとの調査に基づき、個人投資家による外国為替の1日平均出来高(ADV 1 )は、2016 2 年に2,380億ドルと、2013年の1,850億ドルから拡大し、その他の試算 3 でも、個人投資家による為替ADVは2012年に4,150億ドルでピークに達したと推測されている。個人投資家の外国為替取引の上位10通貨は、その大半がドルに対しての取引であり、図3に示している。
個人の為替トレーダーのプロファイル.
図3:2016年4月時点の個人の外国為替取引の出来高.
通貨.
個人のADV(単位10億ドル)
個人の為替取引は通常、アジアのブローカー経由で売買される.
個人向けブローカーはスポット為替や通貨先物について差金決済取引(CFD) 5 を提供.
eTrade やTD Ameritradeなどの個人投資家向けブローカーも、通貨先物へのアクセスを提供している場合がある。
先物とスポット - 個人トレーダーにとって違いはほとんどない.
通貨先物はより確実にリスクを緩和できる.
OTC商品と先物商品との主な違いは、リスク緩和手段として導入されているかという点である。 米国のドッド・フランク法(金融改革法)、消費者保護法、欧州連合(EU)の金融商品市場指令(MiFID) は、規制対象の取引所が扱うOTC商品の取引に対する中央清算を提唱しているという事実は、個人投資家を保護するために強固なリスク統制システムを導入することの重要性を立証している。
スイスフランのエピソードの影響.
図4:外国為替市場に影響を与えた「スイスフランのイベント」
対照的に、通貨先物市場は混乱を乗り切り、決済や現物受渡の不履行は起こらなかった。USDCHFとEURCHFの先物市場は、その取引日に流動性を維持し、CME Clearing Houseを通じて清算された取引は全て決済された。
スイスフランのイベント後に強化された規制.
アジアにおける個人の外国為替取引の繁栄.
Title: Re: 個人投資家の外国為替取引:規制強化にもかかわらず活況に沸く.
Post by: Japan on Apr 26, 2020, 08:00 am
個人向け為替ブローカーの提供する商品は増えている.
3 2014年12月9日付けで発行されたRaymond Jamesの業界レポートと、 ニューヨーク、ロンドン、東京、シンガポール、カナダの外国為替市場委員会が実施した半年に一回の調査に基づく試算.
5 「CFD」という用語は、コモディティの資産クラスに使用される傾向にある。 「外国為替証拠金取引」は、外国為替に使用される傾向にある。しかし、ここで使用している「CFD」は、プライムブローカーのモデルを通じて個人向け為替ブローカーが提供するスポット為替取引とそれを区別するために使用している。
本資料に掲載された情報は「当時」のものです。明示のあるなしにかかわらず、いかなる保証もありません。CME Groupは、いかなる誤謬または脱漏があったとしても、一切の責任を負わないものとします。本資料には、CME Groupもしくはその役員、従業員、代理人が考案、認証、検証したものではない情報、または情報へのリンクが含まれている場合があります。CME Groupでは、そのような情報について一切の責任を負わず、またその正確性や完全性について保証するものではありません。CME Groupは、その情報またはリンク先の提供しているものが第三者の権利を侵害していないと保証しているわけではありません。本資料に外部サイトへのリンクが掲載されていた場合、CME Groupは、いかなる第三者も、あるいはそれらが提供するサービスおよび商品を推薦、推奨、承認、保証、紹介しているわけではありません。
CME Groupと「芝商所」は、CME Group, Inc.の商標です。地球儀ロゴ、E-mini、E-micro、Globex、CME、およびChicago Mercantile Exchangeは、Chicago Mercantile Exchange Inc.(CME)の商標です。CBOTおよびChicago Board of Tradeは、Board of Trade of the City of Chicago, Inc.(CBOT)の商標です。ClearportおよびNYMEXは、New York Mercantile Exchange, Inc.(NYMEX)の商標です。本資料は、その所有者から書面による承諾を得ない限り、改変、複製、検索システムへの保存、配信、複写、配布等による使用が禁止されています。
Dow Jonesは、Dow Jones Company, Inc.の商標です。その他すべての商標が、各所有者の資産となります。
CME、CBOTおよびNYMEXは、シンガポールでは認定市場運営者として、また香港特別行政区(SAR)では自動取引サービスプロバイダーとして、それぞれ登録されています。ここに掲載した情報は、日本の金融商品取引法(法令番号:昭和二十三年法律二十五号およびその改正)に規定された外国金融商品市場に、もしくは外国金融商品市場での取引に向けられた清算サービスに、直接アクセスするためのものではないという認識で提供しています。CME Europe Limitedは、香港、シンガポール、日本を含むアジアのあらゆる裁判管轄で、あらゆる種類の金融サービスを提供するための登録または認可を受けていませんし、また提供してもいません。CME Groupには、中華人民共和国もしくは台湾で、あらゆる種類の金融サービスを提供するための登録または認可を受けている関連機関はありませんし、また提供してもいません。本資料は、韓国では金融投資サービスおよび資本市場法第9条5項並びに関連規則で、またオーストラリアでは2001年会社法(連邦法)並びに関連規則で、それぞれ定義されている「プロ投資家」だけに配布されるものであり、したがってその頒布には制限があります。